シミを治すために気を付けること

%e9%a9%9a%e3%81%8d%ef%bc%bf%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba%ef%bc%bf%e7%94%b7%e6%80%a7

シミはできてしまってから気付くことが多い肌トラブルです。

種類によっては初期に対応できれば薄くなる場合もあります。日頃から自分の肌をよく観察して早めに見つけましょう。

老人性色素沈着

一般的に「シミ」と言われて一番イメージしやすいものがこの老人性色素沈着です。おもに頬骨や目元のあたりにできやすく、誰にでもできる可能性があります。

これは今まで浴びてきた紫外線によるものでメラニンが定着してしまうから。その原因は加齢などによるターンオーバーの遅れや、紫外線対策がされていないことで多くの紫外線を浴びてしまいメラニンが過剰分泌を起こすからです。

 

早めの対応が必要

老人性色素沈着は定着してしまうと化粧品では消すことは不可能とされています。初期のうっすらとしたシミであれば美白効果のある化粧品で薄くなる可能性もあります。

 

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は肌が炎症を起こした後が残っている状態です。ニキビ跡に茶色く残るのもこれに含まれます。これはメラニン色素が原因のシミではないため、基本的には肌のターンオーバーで少しずつ剥がれていくため徐々に薄くなります。しかし日焼けをすると消えにくくなってしまう場合もあるので気を付けましょう。

 

ピーリングをおこなうとターンオーバーが促進されるので効果的だと言われています。ピーリングをする時は自分の肌質や状態を確かめた上で行いましょう。

 

雀卵斑(そばかす)

雀卵斑は一般的にそばかすと言われ、鼻から頬にかけて小さな斑点が散らばって見えるのが特徴です。色白の肌の人に多く10代に入ってからできることから思春期の悩みの一つになっています。

そばかすは遺伝要因が強いためかレーザー治療で消しても再発することもあるようです。まずは皮膚科医と相談してみることを勧めます。

 

スキンケアだけでは難しい場合が多い

できてしまったシミをスキンケアだけで治すことはかなり難しいと言えます。毎日のスキンケアでできることは今以上に悪くならないようにすることが重要です。もちろん今以上に数を増やさないためにも予防にも気を付けましょう。

 

カテゴリ:シミ  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ